オリーブオイルの豚肉と大豆煮込みレシピ|オリーブオイルの効能

オリーブオイルの豚肉と大豆煮込みレシピ|オリーブオイルの効能
このエントリーをはてなブックマークに追加 

オリーブオイルの豚肉と大豆煮込みレシピ|オリーブオイルの効能

現代の食習慣の中で豆類を摂る習慣が減ってきているように思います。昔は一日に一回は味噌汁を飲んでいたように思いますが、最近では朝、昼、晩の三食とも味噌汁を作らない家庭も多いようです。煮豆や納豆が嫌いな子供や若者も多いようです。そこでイタリア料理風の味付けで、豚肉と組み合わせた豆料理をご紹介します。

スポンサードリンク

オリーブオイルの豚肉と大豆煮込み材料と作り方

材料 (2人分)

 

・豚バラブロック肉・・300g
・オリーブオイル・・・大さじ3
・大豆の水煮・・・・・100グラム
・ニンニク・・・・・・1片
・玉ねぎ・・・・・・・1個
・人参・・・・・・・・1/2本
・セロリ・・・・・・・1/2本
・白ワイン・・・・・・200cc
・水・・・・・・・・・500cc
・月桂樹の葉・・・・・1枚
・塩コショー
・イタリアンパセリ適宜

 

作り方

 

@ 豚肉は、4等分に切り、塩コショウをまぶします。
A 野菜はみじん切りにします。
B 厚手の鍋か深いフライパンにオリーブオイルを大さじ1をひいて、豚肉の表面を焼きます。こんがり焼き色がついたら、肉を取り出します。
C Bの鍋に残りのオリーブオイル大さじ2を入れ、弱火でニンニク、玉ねぎ、人参、セロリを焦がさないように炒めます。
D Cの鍋に肉を戻し、白ワイン、水、月桂樹の葉っぱを折って入れ、アクを取りながら肉が軟らかくなるまで煮ます。
E Dの鍋に大豆の水煮を入れてさらに、15分ぐらい煮ます。水気がなくならないように気をつけて煮て塩コショウで味を整えます。
F 皿に盛って、イタリアンパセリのみじん切りを散らします。

 

調理のポイント、得られる栄養素や期待できる効果効能など

 

豆が豚肉の美味しさを吸ってとても美味しい一品です。
オリーブオイルで焼けば、食品を保護する働きで旨味を逃がさずに美味しく焼けますし、オリーブオイルで煮れば、微量成分の働きか、よく乳化して油が分離せず、浮き出すこともありません。
オリーブオイルにはビタミンA、D、Eも含まれ、豚肉も、ビタミンA、B1など栄養豊富に含まれています。大豆にはイソフラボンやビタミンB1、B2、Eなどとても栄養に優れた一品です。
大豆も水煮のものを使えばより手軽に短時間で作ることができます。イタリヤ料理によく使われるレンズ豆、金時豆、白いんげん豆などいろいろな豆で作ってみてください。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

オリーブオイルと鶏肉のトマト煮レシピ|オリーブオイルの効果効能

鶏肉のから揚げに飽きたら作ってみてください。トマトソースと言えば、ハンバークを連想しがちですが、鶏肉のトマトソース味も美味しいです。また、鶏肉の表面を焼いた後、煮込むので火の通りも安心です。

≫続きを読む

 

豚バラ塊肉のオリーブオイル煮レシピ|オリーブオイルの効果効能

豚バラ肉、豚ロースのかたまり肉を塩コショウで茹でて煮豚を作っておくと日持ちもしますし、いろいろアレンジして活用できます。ラーメンの上に飾ったり、フライパンで表面を焼いて、生姜焼きや、マスタード焼きにしたり、グリーンサラダのアクセントにハム代わりに添えたりお弁当に入れたりとアイディアがいろいろ浮かびま...

≫続きを読む

 

オリーブオイルを使用した牛肉団子ソテー|オリーブオイルの効能

肉団子といえば、豚挽肉か鶏ひき肉がよく使われます。そしてハンバークは牛ひき肉か合びき肉で作るのが一般的です。牛ひき肉のみで作った肉団子は少しパサパサして硬くなりがちです。しかし、たっぷりのオリーブオイルで炒め煮すると、しっとり美味しく食べられます。甘酢の肉だんごや、いつものハンバーグとは一味違うイタ...

≫続きを読む

 

オリーブオイルの豚肉と大豆煮込みレシピ|オリーブオイルの効能

現代の食習慣の中で豆類を摂る習慣が減ってきているように思います。昔は一日に一回は味噌汁を飲んでいたように思いますが、最近では朝、昼、晩の三食とも味噌汁を作らない家庭も多いようです。煮豆や納豆が嫌いな子供や若者も多いようです。そこでイタリア料理風の味付けで、豚肉と組み合わせた豆料理をご紹介します。

≫続きを読む

 

オリーブオイルとサーロインステーキレシピ|オリーブオイルの効能

奮発してステーキ肉を吟味して買い求め家庭で焼く時、ステーキソースや味付けに悩んだことはありませんか。せっかくのご馳走のお肉を美味しく頂きたいものです。そんな時、肉の旨味を最大限に生かすためにはオリーブオイルのステーキソースが一番です。

≫続きを読む