オリーブオイルのブイヤベースレシピ|オリーブオイルの効果効能

オリーブオイルのブイヤベースレシピ|オリーブオイルの効果効能
このエントリーをはてなブックマークに追加 

オリーブオイルのブイヤベースレシピ|オリーブオイルの効果効能

ブイヤベースとは、南フランスプロヴァンズ地方の郷土料理です。魚、エビ、カニなど魚介類をたくさん使い、オリーブオイル、ニンニク、サフランなどで味付した身だくさんのスープことです。漁師町で大量に獲れた海の幸をふんだんに入れたご馳走鍋料理とも言えます。
入れる食材にはこだわらず、手に入った魚、冷蔵庫に残っている食材など何でも入れていただきましょう!

スポンサードリンク

オリーブオイルのブイヤベースレシピ材料と作り方

材料 (2人分)

 

・イトヨリ・・・・2切れ
・あさり・・・・・10個
・エビ・・・・・・2本
・イカ・・・・・・1ぱい
・塩コショー・・適宜
・トマト・・・・1個
・ニンニク・・・1片
・白ワイン・・・100cc
・オリーブオイル大さじ4
・固型コンソメ・1個
・水・・・・・・2カップ

 

作り方

 

@ イトヨリは、一切れを3等分に切り、塩コショーしておきます。
A アサリは砂抜きして、よく洗います。
B エビは背ワタを取り、よく洗い曲がらないように切り目を入れます。
C イカは輪切りにします。
D トマトは湯むきして1センチ角に切ります。
E ニンニクはみじん切りにします。
F フライパンにオリーブオイルをひいて、イトヨリの表面をこんがり焼きます。
G 厚手の小さめな鍋にオリーブオイル大さじ3を入れ、ニンニクを焦がさないように炒め、いい香りがしてきたら、イトヨリ以外の魚介類を入れて少し炒め、白ワインを入れて、鍋の蓋をして中火で蒸し煮にします。
H 鍋に、イトヨリ、固型コンソメ、水、トマトを入れて約5分煮ます。
I 塩コショーで味を整えます。

 

調理のポイント、得られる栄養素や期待できる効果効能など

 

魚は、タラやタイ、サワラなど白身魚であればなんでもいいです。魚介類もカニ、ハマグリ、ホタテなど好きな物をお使いください。素材が美味しいので料理のコツも特にありません。
オリーブオイルが、調味料としての役割を果たすのが、食材といっしょに煮る方法です。日本だと、醤油やお砂糖と一緒に煮るのが一般的ですが、オリーブオイルを入れて煮るとオイルがよく乳化して、分離することもなくスープに油が浮き出ることもなく、オイルの美味しさが生きた美味しいスープが仕上がるのです。
今回は2人分でご紹介しましたが、そのまま食卓に出しても洒落ている大きな鍋で、大人数分作れば、お客様のもてなし料理としても、立派に通用すると思います。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

鱈のボイルオリーブオイルソース添えレシピ|オリーブオイルの効能

魚の切り身をボイルして、オリーブオイルをトロリとかけます。オリーブオイルの香りを楽しんでいただく魚料理です。切り身になった魚を購入して作れば驚くほど簡単にハイカラなひと皿ができます。

≫続きを読む

 

オリーブオイルの金目鯛ホイル焼きレシピ|オリーブオイルの効能

キンメダイに美味しい野菜の風味をつけていただきます。煮魚や焼き魚以外のトマトの酸もが絶妙なキンメダイの食べ方を紹介します。お皿の上にホイル焼きを盛り付けた時の珍しさ、アツアツのホイルを開けた時の香りを楽しんでください。

≫続きを読む

 

オリーブオイルのブイヤベースレシピ|オリーブオイルの効果効能

ブイヤベースとは、南フランスプロヴァンズ地方の郷土料理です。魚、エビ、カニなど魚介類をたくさん使い、オリーブオイル、ニンニク、サフランなどで味付した身だくさんのスープことです。漁師町で大量に獲れた海の幸をふんだんに入れたご馳走鍋料理とも言えます。入れる食材にはこだわらず、手に入った魚、冷蔵庫に残って...

≫続きを読む

 

イカと玉ねぎのリングフライレシピ|オリーブオイルの効能

オリーブオイルを揚げ油でフライを作ったことがない人が多いと思います。しかし、これがなかなかの美味です。大好きなイカリングフライをご紹介します。ビールやワインのおつまみにもどうぞ。

≫続きを読む

 

鯵のソテーアンチョビソースレシピ|オリーブオイルの効能

3枚におろした魚を、オリーブオイルでソテーして、同じく美味しいオリーブオイルのソースをかけていただきます。魚の皮のこんがり焦げた味も香ばしいし、かけるソースの香りの良さも見逃せない美味しい一品です。

≫続きを読む